1. TOP
  2. お知らせ
  3. Blog
  • NEWS
  • 活動実績
  • 実施報告
  • ブログ

健康産業新聞に取り上げられました。

2008/03/26

 

健康産業新聞に弊社が紹介されました。

 

保健指導の義務化に伴い、独自のコンシェルジュサービスを開始
トクホ、サプリ、機器など、提携商品の募集へ
日本栄養管理サービス協会

 

日本栄養管理サービス協会は、来月から実施される特定健診・特定保健指導の義務化に伴い、独自のコンシェルジュサービス(CS)を開始する。

 

このCSは、保険者の要望に応じて、保健指導では対応しきれない対象者からの疑問や要望に、専門家として情報提供や選択支援を行うサービスである。具体的には、サプリメント・特定保健用食品・健康器具など、自己効力感の向上、自己管理の契機になるような商品を取り扱い、オーダーメイド、テーラーメイドで細やかに支援してゆく。

 

「弊社のCSは、あくまで補足的なサービスであり、多様な生活スタイルの対象者に対する保健指導を効果的に進めてゆくための「きっかけ」を与える民間企業が行うサービスとして、細やかなサポートを心がける」という。

 

なお同社は、社会保険診療報酬支払基金保健指導機関(1320700709)に認定されているが、保健指導と区別をしてサービスを展開する。CSで取り扱うサプリメント・特定保健用食品・健康器具などは、登録制になっており、メタボリックシンドロームはもとより、滋養強壮・疲労回復などへの対象者ニーズが予想されている。

 

現在同社では、提携商品を募集中。契約期間は6ヵ月単位で、登録料はアイテム数によって異なり、4月末まではキャンペーン価格で登録できる。契約は「情報提供・広告サービス」となり、特定の商品の推奨、販売、勧誘はせず、あくまで商品特徴の解説などになる。

 

代表取締役の國井大輔氏は、徳島大学医学部栄養学科助手、国立健康・栄養研究所研究員のほか、文部科学省科学技術・学術政策局評価推進室専門職、厚生労働省健康局生活習慣病対策室栄養指導係長などを経て、今年1月に日本アミタス(株)を設立。

 

「弊社のCSは生活改善のきっかけを与える「御用聞きサービス」と位置づけており、保健指導と組み合わせることで、さらに細やかな支援(デュアルサポート)が可能になると考えている。また弊社は、保健指導対象者の自己効力感の高まりから自己管理、行動変容に結び付けてゆくことで、対象者の健康づくりの良き伴走者になれる」としている。

 

fck20090312184442a20e377d8877c38b

 

fck2009031218452439e3b9012ebacda9

 

 

2008年03月27日

ジャパンウエルネス(株)様で技術研修の講義を行いました。

2008/02/08

 

ジャパンウエルネス株式会社様主催(大塚ビル)の管理栄養士向け研修で「保健指導と行動科学」について講演しました。

 

現場の管理栄養士の皆様に来る保健指導で活躍するために90分ほどの講演でした。

お休みの貴重なお時間にもかかわらず、皆さん熱心に聞いて下さいました。

 

管理栄養士の皆様、頑張っていきましょう♪

 

◆ジャパンウエルネス様はこちらです。

2008年02月09日
22 / 22« 先頭...1819202122

お問い合わせはこちら

PAGE TOP