1. TOP
  2. お知らせ
  3. NEWS
  • NEWS
  • 活動実績
  • 実施報告
  • ブログ

健康体力づくり教室の開催

千葉県銚子市にて「健康体力づくり教室」を開催いたしました。

 

「骨」・「関節」・「筋肉(筋力)」を食事と身体活動で丈夫にしていこう!をテーマに、前半は講義形式で「骨筋力」について知っていただき、後半は体を動かしながら「ゲームや簡単エクササイズ」を行いました。

 

今年も多くの組合員の方々に参加していただきました。

 

チーム対抗のタオルリレーは今回も笑いありの打ち解けた雰囲気の中、楽しみながら身体を動かしていただけたようです。

 

今回の実践的な内容を取り入れ、「食べること」と「身体を動かすこと」で楽しみながら健康づくりを続けていけるよう、今後も丁寧に支援させていただきます。

 

プレゼンテーション3

 

2015年11月09日

2015年9月 北京にて栄養指導実施

この度、中国北京市中関村病院にて、糖尿病患者様を対象に、東京大学付属病院糖尿病代謝内科医師である飯塚陽子先生が中心となり、日本式チーム医療が実施されました。

9月21-22日の2日間で約113名が受診され、当協会は対象となった方へ食事や運動について個別、集団指導を行いました。

個別指導では、7月と同じく、中国現地の食材や料理の食品模型を用いて、食事の適切な量や頻度、バランスなどをお伝えしました。患者様は普段の食事と比べ、量の違いなどを実感し、いろいろな質問が飛び交いました

今回も実施アンケートで満足度も高く非常に意義のある取り組みとなりました。特に日本式のおもてなしサービスについての評判が高く、日本の管理栄養士が中国で栄養指導を行う自信を付けることになりました。

本事業は今後も実施予定で、これからも中国の生活環境、食文化に沿ったサポートをしていきたいと思います。(了)

 

150507906295961491 841475539389380874 913835351802455811

2015年09月30日

2015年10月1日 (木)「初めての薬膳レッスン」開催決定

初めての薬膳レッスン

 

〜ようこそ薬膳の世界へ〜

  • 管理栄養士、国際薬膳師、中国茶芸師が教える薬膳教室です。
  • 食を通して、自分の体を癒す方法が習得できます。
  • 初めての方でも、分かりやすく教えます。

 

日時     :10月1日(木) 19:00~

参加費   :お一人様2,000円

募集人数 :30名

持ち物    :筆記用具

場所     :NATULUCK茅場町 新館 5階「大会議室」東京都中央区日本橋兜町12-7 兜町第3ビル

最寄駅  :茅場町駅 12番出口 徒歩1分 日本橋駅 D1出口 徒歩3分

 

お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

 

 

広告1-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■講師紹介

大倉文子(おおくら あやこ)大倉さん

  管理栄養士として日本の給食会社に勤務後、2002年より上海中医薬

  大学にて中医学(中国伝統医学)を学ぶ。
管理栄養士、国際薬膳師、中国茶芸師として活躍した後、日本発信の

  薬膳を世界へ、との思いで拠点を日本に移し、日本国内外にて薬膳に

  関するセミナーや講演、薬膳講師の育成などを行っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

メールでお申し込みの際には、①お名前、②年齢、③性別、④電話番号を入力の上、10月1日参加希望と送信してください。

後日受付完了のメールを送らせていただきます。

 

 

<<注意事項>>

 

・開始5分前には、ご来場ください。遅れる場合は、お手数ですが、070-6575-5228までご連絡ください。

・会場には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

やむを得ずお車でお越しの方はお近くの有料パーキングをご利用ください。

・参加のお客さまに対しての勧誘や商品紹介等は一切お断しております。

また、お客さま間でのトラブル等には責任を負いかねます。

・故意・明らかな不注意による備品の破損、紛失があった場合には別途請求させていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。

・キャンセル料は下記の通り発生いたします。

7日前までのキャンセル 無料

5日前までのキャンセル 参加費の50%

2日前までのキャンセル 参加費の100%

例)10月1日(木)開催7日前・・・9月24日(木)23時59分まで

 

2015年09月11日

北京にて栄養指導実施

2015/7/18-19

 

中国北京にて、糖尿病患者様を対象に、東京大学付属病院糖尿病代謝内科医師である飯塚陽子先生が中心となり、日本式チーム医療が実施されました。

7月18-19日の2日間で約160名が受診され、当協会は対象となった方へ食事や運動について個別、集団指導を行いました。

 

個別指導では、中国現地の食材や料理の食品模型を用いて、食事の適切な量や頻度、バランスなどをお伝えしました。患者様は普段の食事と比べ、量の違いなどを実感し、いろいろな質問が飛び交いました。

 

集団指導では、食事療法と運動療法について説明させていただきました。参加された方々はメモや写真をとりながら熱心に講話を聞いていただけました。運動指導では簡単な体操を取り入れ、日常生活で実施する方法などを一緒に体を動かしながら体験していただきました。

 

北京の食事や生活環境、文化など現地に応じた栄養指導は難しいこともありましたが、実施アンケートで満足度も高く非常に意義のある取り組みとなりました。

 

本事業は今後も実施予定で、これからも中国の生活環境、食文化に沿ったサポートをしていきたいと思います。(了)

準備中準備中

2015年07月21日

お問い合わせはこちら

PAGE TOP